生活に彩りをプラスするブログ 生活のなる木

日々のちょっと気になる事、気になるモノを感想を交えながらピックアップ!生活に彩りをプラスするブログ!

本当に使いやすい!間違いないデスク周りのアイテムを紹介!

 イラストレーターという職業柄、僕は常にパソコンに張り付いている。(アナログではないので)

四六時中マウスとキーボードを使い、たまにペンタブを使う。

そのため、特にマウスとキーボードは消耗品がてらに良い物を選んでいるつもりだ。

デザインに寄っても使いにくければ意味がないし、かと言って機能性に振ってしまえばデザイン事務所としても格好がつかない。

コスパに優れていて、実際に僕も使っているデスク周りのアイテムを紹介しようと思う!

 

ロジクール ワイヤレス マラソンマウス M705t

まずはマウス。

僕が使っているのは、無印のM705だが、いつの間にかマイナーチェンジされていたようだ。

なんでも値段が半額くらいになっていた。

このマウスの1番の特徴は名前通りの電池持ち。

単三電池で2年くらいは持つ。

公称では3年だが、この数年ずっとこれを使ってきた感じだと2年くらいかなといった印象。

ボタンの押し心地もスクロールも大変使いやすい。

 

僕としては1番気に入っているのが大きさだ。

僕は比較的小さい手なのだが、包み込むようにマウスを掴む事が出来る

そして適度な重さなのだ。

実はこれは結構大きなポイントで、大きすぎても扱いづらいし、小さすぎると腱鞘炎になりそうな感じで手首が疲れる。

マラソンとは電池持ちの事でもありながら、長時間のオペレーションにも向いている。

 

そして親指に当たる部分、これも実はボタンになっていて、色んな機能を割り当てられる。

僕はMacのエクスポゼのような開いているウィンドウ全てがいち画面に並ぶ機能を割り当てている。

 

 

ロジクール ワイヤレスキーボード K275


このキーボードはとにかくコスパに優れる。

これの前はWindowsのワイヤレスキーボードを買ったのだが、デザイン性を重視しすぎたために使い勝手を犠牲にしてしまっていた。


まず、とにかく安い。1700円程だ。

そしてワイヤレス。

USBがレシーバになっているのだが、上記のマウスと使うことでそのレシーバーは1つで済む。
 
ロジクールの製品という事で、打鍵感も良い。

さすがに高級キーボードみたいな良さはないが、この値段でこの使いやすさは他になかなかない。


上部には予め割り当てた機能のショートカットボタンになっている。

ブラウザやメーラー、各種音量調整、電源ボタンもついている。

これがなかなか便利で、PCをシャットダウンする時はキーボードでワンボタン。

慣れてしまうと他の製品が考えられない程だ。

 

 

サンワサプライ 大型マウスパッド

 

机に余裕があるならマウスパッドは大きいと使いやすい。

この商品はA4サイズなのだ。

僕は横ではなく、縦で使っている。

そうする事でスペース的には奥行方向に机の面積を取れ、使い勝手が増す。

面積が大きいと、マウスのストロークに余裕が生まれる。

ストレスが軽減されるのだ。

ドラッグアンドドロップの時やPhotoshopなどの作業時、大きいモニターを使っているならば恩恵は大きいだろう。

 

 

…とまぁ今回はこんなものだろうか。

僕は1日の中でも殆どをPCの前で過ごす。

この記事を書いていて気付いたのだが、ストレスが軽減されるモノが多いんだなと思った。

しかし、それこそが重要であり、長く使うモノこそストレスフリーなアイテムを選ぶべきだ。

今後もこういったシリーズの記事を検討している。

ステーショナリーや機材などにもフィーチャーした記事を乞うご期待!

広告を非表示にする