生活に彩りをプラスするブログ 生活のなる木

日々のちょっと気になる事、気になるモノを感想を交えながらピックアップ!生活に彩りをプラスするブログ!

コンセプトアーティスト 田島光二氏を知ってますか? ワコムから発売された最新機種のレビューをしているぞ!制作のタイムラプスも有り!

f:id:lifeoftree:20170410174449j:plain

「コンセプトアート」という言葉を知っているだろうか。

例えば、映画やゲームを制作する際、1番最初に「どんな世界観にするか」「キャラクターの像」などを制作チームで共有する時に最も活躍するのが「コンセプトアート」だ。

 

コンセプトアートとは

名の通り、コンセプトを描く仕事。

クリエイターとはまた少し違い、その世界観を具現化したりするのが彼らの仕事である。

こういったコンセプトアートがあると、チームの皆やクライアントにイメージの共有がしやすく、基本ここのパートで決まった絵を基に制作が行われていく。

イメージを提示され、それを絵にし、皆で共有する。

 

僕はこの仕事こそがモノヅクリの1番凄いと思うパートだと思っている。

 

世界中にコンセプトアーティストはいるが、日本でも勿論多く存在する。

そのひとりが世界で活躍するコンセプトアーティスト田島光二氏だ。

最近の代表作は『GODZILLA(ゴジラ)』、『進撃の巨人』、『寄生獣』など。

彼は90年生まれと若いアーティストだ。

ハリウッド作品にも携わっており、「ファンタスティック・ビースト魔法使いの旅」にもデザイナーとして参加している。

 

略歴や詳しい作品は最下部のリンクを参照してほしい。

 

そんな彼がペンタブレットで有名なワコムMobileStudio Pro 16を動画レビュー。

この動画の1番の見どころは「制作物のタイムラプス」だ。

Zbrushというソフトを使っているのだが、この制作過程が早送りで収録されている。

みるみるうちに絵になっていく様は圧巻そのもの。

 

一度視聴されたし!

 

関連リンク

twitter.com

koujiart.blogspot.jp